normalian blog

I will introduce about Microsoft Azure, ASP.NET or Java EE

わんくま同盟 東京勉強会 46回目 のフォローアップ

2010年4月24日に「クラウドDay」と題し、豪華なゲストを何人も招いて、普段より大きめな会場の小田急サザンタワー(OST)でわんくま同盟 東京勉強会 46回目を開催させて頂いた。当日にどたばたあったが、フォローアップをば。以下は当日に行ったセッション内容。

中田@日経コンピュータさん、(・∀・)キムティ♪さん、harutamaさん、砂金さん、Azaas(感謝の意)!!

以下、各セッションに関して解説させて頂く。

  • 「写真で振り返るクラウドの歴史」by 中田@日経コンピュータさん
    • 写真を使って、クラウドに限らず近年のコンピュータ史を振り返って頂いた。出始め頃からクラウドを追いかけてきた方の情報を存分に公開して頂けた。写真を用いて居たので、予備知識の無い方にも分かりやすかったのでは無いだろうか。

  • 「クラウドの原理とパラダイム」by (・∀・)キムティ♪さん
    • 資料を作って頂いたキムティさんに代わり、私(割と普通)とharutamaさんで代理セッションをさせて頂いた。Windows Azure→クラウドの定義→クラウドでのトランザクションP2Pの原理まで、アカデミックな側面からクラウドを語らせて頂いたが、私やharutamaさんでは荷が重く、セッション中にMS 萩原さんに補足説明して頂いた有様…(汗。二人揃って相当テンパッていたが、努力だけは認めて頂けるとありがたい…orz

  • 「Worker Roleができること総まとめ」by harutamaさん
    • 使い道が分かりにくいWorker Role、サンプルだとWeb Roleが多かったりして、若干不遇なWorker Role。そんなWorker Roleが「ここまで出きるだぜ!」という事を熱く述べて頂いた。別途フォローアップを行って下さっているので、当日のセッション資料を通読し直してみては如何だろうか?

  • 「今お話しできるWindowsAzure展開戦略のすべて。」by 砂金さん
    • 現在の言える範囲でのWindows Azureを全力で語って頂いた。Windows Azureの課金形態や使用方法、色々な情報が錯綜しているために混乱している方も多かったと思うが、そんな疑問を一掃する『よくある「微妙な」質問一覧』を使って解説して頂いた。

Windows Azure 最短マスター方法の紹介 〜50分で分かる最速学習方法〜」(自分のセッション)フォロー


出来る限り勉強用資料として利用できる形で情報をまとめた。是非、本セッション資料をダウンロードして一読して頂きたい(資料のダウンロードにはSlideShareのアカウントが必要)。「環境構築〜サンプルアプリ程度が作成可能」までの流れをスライドから習得して頂けると幸いだ。つい先日にVisual Studio 2010が正式リリースされたことを除き、現時点(2010年5月4日)での変更点は存在しない。

サンプルの場所はスライド内に記述済みだが、別途以下にも記述しておく。これらのサンプルの動作を理解すると、Windows Azureの基礎的な部分はほぼほぼ理解出来ていると思われ。

kimteaさんとharutamaさんのフォローアップ

  • id:haru-tama:20100427
    • はるたまさんのフォローアップ。御自身のスライドが公開中。当日デモ(Jetty on Windows Azure)に使ったソースコードも公開するとのこと。後日の情報にも期待!
  • id:kazuki-aranami:20100428
    • (・∀・)キムティ♪@荒浪一城さんのフォローアップ。御自身のスライドが公開中〜。「クラウドって何?」等々、用語の整理ができて居ない方は資料を一読してみると良いだろう。