割と普通なブログ

Microsoft Azure や ASP.NET、Java EE 系の話題を記載します

2010 Microsft Worldwide Partner Conferenceな話題

時節に乗り遅れた感があるが、2010 Microsft Worldwide Partner Conferenceの話題なんぞを取り上げたい。今回の発表で一番驚いたのが、Windows Azure Platform Applianceと呼ばれるハードウェア+ソフトウェエアセットの筺体を提供し始めたことだ。今まで「Azureのソフトウェア販売はしない」と主張していたマイクロソフトの方針を大きく転換することになる。

Windows Azure Platform Applianceって?

Windows Azure Platformで実現している全ての機能を企業のデータセンタで実現できる「筺体」である。このため、企業はマイクロソフトからWindows Azure Platformが詰まったハードウェアをレンタルし、自社のデータセンタに設置することで、オンプレミス内でWindows Azure Platformの機能が利用できるのである*1
Windows Azureパブリッククラウドでのみ提供されていたため、顧客が「国外にデータを置きたくないでござる!」と言われた場合、導入が非常に難しいものだった。また、SaaS的なアプリケーションを作成する場合には、Azure向けのアプリケーションとオンプレミス*2向けのアプリケーションを二つ作成するという手間が発生しうる可能性も存在した。今回の「Windows Azure Platform Appliance」を利用することで、オンプレミスとクラウドアプリケーションとの連携がより容易になったと言える。今後の動向に期待したい。
個人的には「Windows Azure Platform Appliance」が出現したことで、「システム化の提案方式」や「Windows Azureを利用したシステムのアーキテクチャ」や「Windows Azure開発のテストや環境構築」が大幅に変わるのではないかと考えている。

しかし…

今までWindows Azure陣営は「Windows Azure platform AppFabric」と「Windows Server AppFabric」を持って「オンプレミスとクラウドの連携」を主張していた。今回の「Windows Azure Platform Appliance」の発表で、オンプレミスとクラウドの連携で一つ選択肢が増えたことになる。二つのAppFabricとAppliance、これらをどう利用するかを考えるのも、今後Azureを活用するには必須事項となりそうだ。

参考

*1:Windows Azure Platformの概要は http://d.hatena.ne.jp/waritohutsu/20100313/1268502060 を参照して頂きたい

*2:社内設置システム