割と普通なブログ

Microsoft Azure や ASP.NET、Java EE 系の話題を記載します

Windows Azure Guest OS 1.5についての詳細+Windows Azure Guest OSの設定について

先日公開した id:waritohutsu:20100719:1279556746 の記事で話題にした「Windows Azure Guest OS 1.5」だが、MSDN > Windows Azure Guest OS Releases and SDK Compatibility Matrixにも情報が掲載された。

詳細は本家MSDNWindows Azure Guest OS 1.5 (Release 201006-01)を参照して頂くとして、主な変更点を以下に記述する。

  • Outlook ExpressとWindows Mailがリモートでコード実行される脆弱性に対応
  • Microsoft Visual Basicアプリケーションがリモートでコード実行される脆弱性に対応

脆弱性に対するセキュリティパッチが公開されているようだ。

Roleインスタンスに対して、特定のWindows Azure Guest OS バージョンを設定する方法 〜念のためおさらい〜

Windows Azure Guest OS 1.5」を本番環境で利用するには、以下のどれかを実施すれば良い。

  • アプリケーションをAzureポータルサイトにデプロイ後、Azureポータルサイトで以下の設定をする
    • Select OS Upgrade Method に Automatic を選択する
    • Select OS Upgrade Method に Manual を選択し、「OS Setting > Manual > Windows Azure Guest OS 1.5」を選択する
  • アプリケーションをAzureポータルサイトにデプロイ時、以下の設定をする
    • Select OS Upgrade Method に Automatic を選択する
    • Select OS Upgrade Method に Manual を選択し、「OS Setting > Manual > Windows Azure Guest OS 1.5」を選択する
    • ServiceConfiguration.cscfg > ServiceConfigurationタグ > osVersion属性に「WA-GUEST-OS-1.5_201006-01」を記載する

念のため、ServiceConfiguration.cscfgの記述例を以下に記載する。

<?xml version="1.0"?>
<ServiceConfiguration serviceName="CloudService3"
                      xmlns="http://schemas.microsoft.com/ServiceHosting/2008/10/ServiceConfiguration"
                      osVersion="WA-GUEST-OS-1.5_201006-01">
  <Role name="WebRole1">
    <Instances count="1" />
    <ConfigurationSettings>
      <Setting name="DiagnosticsConnectionString" value="USER_ACCOUNT_SETTING" />
      <Setting name="DataConnectionString" value="USER_ACCOUNT_SETTING" />
    </ConfigurationSettings>
  </Role>
</ServiceConfiguration>

アプリケーションデプロイ時には以下の画面が表示されるので、こちらの画面を参考にして「アプリケーションデプロイ時に以下の設定をする」を実施して欲しい