割と普通なブログ

Microsoft Azure や ASP.NET、Java EE 系の話題を記載します

August 2011 Release of the Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010 が出たぞー!

つい先ほど、最新版のWindows Azure SDKである August 2011 release がリリースされた。是非本家ブログである MSDN Blogs > Windows Azure > Announcing the August 2011 Release of the Windows Azure Tools for Microsoft Visual Studio 2010 を参照し、Web Platform Installer経由でSDKのアップデートを始めてほしい。

今回の主な変更点は?

今回の主な変更点は以下となっている。

  • Windows Azure上で実行するアプリケーションのプロファイル
  • ASP.NET MVC3のWeb ロールが作成可能
  • 一つのクラウドプロジェクトが複数の *.cscfg ファイルを保持可能
  • Windows Azure パッケージのバリデーション改善

最後の「Windows Azure パッケージのバリデーション改善」だけ少々分からないが、他について紹介する。

Windows Azure上で実行するアプリケーションのプロファイル

実際にプロファイルを行ったわけではないが、Windows Azureのパッケージデプロイ直前に以下のように設定できる。

設定項目等々の情報は今後に期待したい。

ASP.NET MVC3のWeb ロールが作成可能

ついにASP.NET MVC3のWebロールがSDKから直接生成可能となった。以下のダイアログを参照頂ければ理解できるだろう。

一つのクラウドプロジェクトが複数の *.cscfg ファイルを保持可能

今までローカル/クラウドで設定を変更する際にストレスをためた方も居るのではないだろうか。今回のアップデートで環境に応じて設定を切り替えることが可能となっている。

「All Configuration」でなく、CloudやLocalの様に個別の設定を変更する場合には、設定可能な項目が限られる点に注意してほしい。*.csdefファイルは変更できず、 *.cscfg ファイルのみ変更可能な点に留意してほしい。


右クリックメニューの追加

以下の様に右クリックメニューが改善されている。今回のアップデートで追加された設定ダイアログを起動することが可能だ。