normalian blog

I will introduce about Microsoft Azure, ASP.NET or Java EE

Windows Azure SDK 1.5 のインストールと変更点について

音速遅めで恐縮だが、BUILD 2011で発表された Windows Azure SDK 1.5 のインストール方法を紹介する。と言っても、最近は Web Platform Installer を利用して一括インストールが可能なので楽チンだ。また、@kamebuchi さんもブログに手順をまとめているため、別途 ブチザッキ > Windows Azure SDK 1.5 も参照して欲しい。

Web Platform Installer の起動

まず、Windows Azure Platform デベロッパー センター > ダウンロード にアクセスする。
次の画面からWeb Platform Installer側の「インストール」ボタンを押下すると、ダイアログが表示されるためWeb Platform Installerをダウンロードして起動する。

次の画面が表示されるため、「インストール」ボタンを押下し、最後に同意が求められるので何も考えずに「同意する」ボタンを謳歌するとインストールが開始される。

インストールが完了すると次の画面が表示されるため、インストールされたソフトウェエアが確認できる。

Windows Azure AppFabric SDK 1.5、ASP.NET MVC3 Tools Update Installerも同時にインストールされている点にも注目してほしい。

Windows Azrue SDK 1.5の主な変更点

変更点の詳細はMSDN > What's New in Windows Azure で確認してほしいが、以下に私の気になった点を主観込で羅列する。

  • NetFxEntryPoint → .NETアプリを起動可能、ProgramEntryPoint → 非.NETアプリを起動可能。Node.js アプリや Java アプリの起動が容易に(new Process()をしなくて良い)。
  • Workerロール/Webロールに Contents タグが追加されている。robocopy代わりに使えそうな勢い http://msdn.microsoft.com/en-us/library/windowsazure/gg557552.aspx
  • InternalEndpoint の FixedPort と FixedPortRange 辺りが面白そうだが、用途が思いつかず…
  • 「Adds support for retrieving values from the runtime process environment using xPath values」によりXPathで値がとれる様だが、例がないからやりかたが分からず
  • Compute Emulatorの改善
    • 「Adds support for fixed ports in the compute emulator.」が良く分からない…。
    • ローカル環境で Parallel Block Upload (並列でのブロブの分割アップロードが可能に?)
    • Compute Emulator でループバックIPが使えるようになった!TomcatやJBoss ASやGlassFish起動時に問題だったのが解決されると予想。