割と普通なブログ

Microsoft Azure や ASP.NET、Java EE 系の話題を記載します

Windows Azure モバイルサービス - スケジューラのTIPS について〜その2 Webサイトとの連携編〜

さて、前回 id:waritohutsu:20130320:1363768020 はスケジューラの簡単な TIPS を紹介させて頂いたが、それなりに制限が多いと感じる人も居たのではと考えている。この場合、次に考えるのが「スケジューラから何らかの方法でリクエストを飛ばし、他のサービス(Web Site、Cloud Service 等)に処理を移譲できないか…」だと思われる。これらの大まかな処理の流れは以下の図となる。

今回は、上記の図に記載された処理を実際に実現してみる。

1.スケジューラのスクリプト

まずはスケジューラのスクリプトを作成する。コードの詳細な解説は不要だと思うが、HTTPリクエストの送付に(おそらくモバイルサービス特有か?)モジュールとして require('request')を利用して処理を行っている点に注意していほしい。

function mycronjob() {
    warmUpSite("http://timertest.azurewebsites.net/api/values");
    callwebsite("http://timertest.azurewebsites.net/api/values");
}
 
function warmUpSite(url) {
    console.info("warming up: " + url);
    
    var req = require('request');
    req.get({ url: url }, function(error, response, body) {
        if (!error) {
            console.info("hot hot hot! " + url);
        } else {
            console.error('error warming up ' + url + ': ' + error);
        }       
    });
}

function callwebsite(url) {
    console.info("Executing job: callwebsite");
    
    var req = require('request');
    req.post({
        headers: { 'Content-Type': 'application/json' },
        url: url,
        body: JSON.stringify({ param1: "卑猥でありたい at " + new Date().toGMTString() })
    },    
    function(error, result, body) {
       console.info("Job executed executed.");
    });
}

2. ASP.NET Web API + 3.ロジックで色々と処理

Webサイト側の処理を作成するため、Webサイトを一つ予め作成(今回の例では http://timertest.azurewebsites.net)しておく必要がある。以下に、Webサイト上で稼働させる Web API 側の処理を記載する。処理内容は、GET/POSTのリクエストが届いた場合にカウンタをカウントアップし、POSTのリクエストが届いた場合はパラメータを格納している程度だ。

  • ValuesController.cs
using System.Collections.Generic;
using System.Web.Http;
using MvcApp.Models;

namespace MvcApp.Controllers
{
    public class ValuesController : ApiController
    {
        // GET api/values
        public IEnumerable<string> Get()
        {
            GlobalModel.Count++;
            return new string[] { "value1", "value2" };
        }

        // GET api/values/5
        public string Get(int id)
        {
            return "value";
        }

        // POST api/values
        public void Post([FromBody]ParamModel model)
        {
            GlobalModel.Count++;
            GlobalModel.Parametors.Add(model.Param1);
        }

        // PUT api/values/5
        public void Put(int id, [FromBody]string value)
        {
        }

        // DELETE api/values/5
        public void Delete(int id)
        {
        }
    }
}

上記のコードで利用しているモデルクラスはそれぞれ以下となる。

  • GlobalModel.cs
using System.Collections.Generic;

namespace MvcApp.Models
{
    public static class GlobalModel
    {
        static private List<string> _parametors = new List<string>();
        static public long Count { get; set; }
        static public IList<string> Parametors
        {
            get
            {
                return _parametors;
            }
        }
    }
}
  • ParamModel.cs
namespace MvcApp.Models
{
    public class ParamModel
    {
        public string Param1 { get; set; }
    }
}

最後に、格納結果を表示するための画面とコントローラのロジックを記載する。

  • Index.cshml
<div id="body">
    <section class="featured">
        <div class="content-wrapper">
            <hgroup class="title">
                <h1>Welcome to ASP.NET Web API!</h1> <br />
                <h2>@ViewBag.Message</h2>
            </hgroup>
        </div>
    </section>
    <section class="content-wrapper main-content clear-fix">
        <h3>リクエストパラメータとして取得した値 @MvcApp.Models.GlobalModel.Parametors.Count 個</h3>
        @if (MvcApp.Models.GlobalModel.Parametors.Count == 0)
        {
            <div>まだパラメータを受け取ってません</div>
        }
        else
        {
            <ol class="round">
                @foreach (var str in MvcApp.Models.GlobalModel.Parametors)
                {
                    <li>@str</li>
                }
            </ol>
        }
    </section>
</div>
  • HomeController.cs
using System.Web.Mvc;
using MvcApp.Models;

namespace MvcApp.Controllers
{
    public class HomeController : Controller
    {
        public ActionResult Index()
        {
            ViewBag.Message = "GET/POSTで呼び出された回数は " + GlobalModel.Count + " 回です";
            return View();
        }
    }
}

上記の ASP.NET MVC アプリケーションを作成し、作成した Webサイト(今回の例では http://timertest.azurewebsites.net/ )にデプロイする。

スケジューラの実行と確認

スケジューラを実行し、サイトを確認すると、以下のようにリクエストの内容が処理されていることが確認できる。