読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割と普通なブログ

Microsoft Azure や ASP.NET、Java EE 系の話題を記載します

Open JDK ベースの JVM Zulu が Web Platform Installer でインストール可能に!

ご存じでない方もいると思うが、OpenJDK ベースである Azul Zulu が Web Platform でインストール可能になった。Zulu は Windows Azure Plugin for Eclipse with Java にも統合されており、Windows Azure 上で Java を動作させる際に重要な役割を果たしている。

Web Platform Installer を利用してインストール

Web Platform Installer を起動し、検索までから Java と検索することで以下の画面が表示される。
f:id:waritohutsu:20140209143119p:plain

そのまま[追加]ボタンを押下すると以下の様にインストールされる。

  • C:\Azul\zulu1.7.0_45-7.2.0.3-win64 以下に JDK がインストールされる(※注 バージョンによって適宜読み替えること
  • 環境変数 JAVA_HOME が以下に設定される(※注 既存の JDK をインストールしている場合は注意)
C:\Users\normalian>echo %JAVA_HOME%
C:\Azul\zulu1.7.0_45-7.2.0.3-win64

Web Platform Installer を利用することで、常に最新のバージョンの Zulu を利用することが可能だ。

余談

Windows Azure Plugin for Eclipse with Java をインストールしている場合、生成される Windows Azure 向けのプロジェクトテンプレートに含まれる package.xml にも zulu を取得する URL が含まれている。以下に抜粋したものを記載する。

  • package.xml の抜粋
        <!-- Create a sample role -->
        <workerrole approotdir="${basedir}\WorkerRole1\approot" name="WorkerRole1">
          <startupenv cloudvalue="%DEPLOYROOT%\zulu1.7.0_40-7.1.0.0-win64" name="JAVA_HOME" type="jdk.home" value="%DEPLOYROOT%\zulu1.7.0_40-7.1.0.0-win64"/>
          <startupenv name="PATH" type="jdk.path" value="%JAVA_HOME%\bin;%PATH%"/>
          <startupenv name="CATALINA_HOME" type="server.home" value="%DEPLOYROOT%\apache-tomcat-7.0.47"/>
          <startupenv name="SERVER_APPS_LOCATION" type="server.app.loc" value="%CATALINA_HOME%\webapps"/>
          <component cloudaltsrc="http://azure.azulsystems.com/zulu/zulu1.7.0_40-7.1.0.0-win64.zip" cloudmethod="unzip" cloudsrc="auto" cloudupload="AUTO" deploydir="%DEPLOYROOT%" deploymethod="copy" importmethod="copy" importsrc="C:\Program Files\Java\jdk1.7.0_40" type="jdk.deploy"/>
          <component cloudmethod="unzip" cloudsrc="auto" cloudupload="AUTO" deploydir="%DEPLOYROOT%" deploymethod="copy" importmethod="copy" importsrc="C:\opt\tomcat\apache-tomcat-7.0.47" type="server.deploy"/>

Windows 向けの Open JDK で公式ビルドは存在しないが、Zulu という選択肢も取れることがわかる。