読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割と普通なブログ

Microsoft Azure や ASP.NET、Java EE 系の話題を記載します

JBoss AS 7.1.1 Final & WildFly のhttpポートを変更する方法

Azure の Webサイトで Java の APサーバを動作させる際、必要に駆られて調べたので簡単にメモ。JBoss AS は 7 以降から大きく構成が変わっており、以下のファイルに http ポートのポート番号が記載されている*1

  • %JBOSS_HOME%\standalone\configuration\standalone.xml
  • %WILDFLY_HOME%\standalone\configuration\standalone.xml

これら standalone.xml 等の変更方法については、以下の記事が参考になる。
http://duke4j.wordpress.com/2011/10/03/jboss-as-7-admin-guide-core-management-concepts-general-configuration-concepts/

JBoss AS 7.1.1 Final の http ポート番号を変更する場合

以下のファイルの一番下部に、http のポートが 8080 と直接記載されているのが確認できる。

  • %JBOSS_HOME%\standalone\configuration\standalone.xml
    <socket-binding-group name="standard-sockets" default-interface="public" port-offset="${jboss.socket.binding.port-offset:0}">
        <socket-binding name="management-native" interface="management" port="${jboss.management.native.port:9999}"/>
        <socket-binding name="management-http" interface="management" port="${jboss.management.http.port:9990}"/>
        <socket-binding name="management-https" interface="management" port="${jboss.management.https.port:9443}"/>
        <socket-binding name="ajp" port="8009"/>
        <socket-binding name="http" port="8080"/>
        <socket-binding name="https" port="8443"/>
        <socket-binding name="osgi-http" interface="management" port="8090"/>
        <socket-binding name="remoting" port="4447"/>
        <socket-binding name="txn-recovery-environment" port="4712"/>
        <socket-binding name="txn-status-manager" port="4713"/>
        <outbound-socket-binding name="mail-smtp">
            <remote-destination host="localhost" port="25"/>
        </outbound-socket-binding>
    </socket-binding-group>

こちらを以下の様に編集する。

        <socket-binding name="http" port="${jboss.http.port:8080}"/>

後は以下のコマンドで起動すれば、JBoss AS 7.1.1 Final の起動ポートが 9090 になる。

C:\opt\jboss\jboss-as-7.1.1.Final\bin>standalone.bat -Djboss.http.port=9090

WildFly の http ポート番号を変更する場合

WildFly は最初から以下の記載となっているため、特に設定ファイルに修正は要らない。

  • %WILDFLY_HOME%\standalone\configuration\standalone.xml
    <socket-binding-group name="standard-sockets" default-interface="public" port-offset="${jboss.socket.binding.port-offset:0}">
        <socket-binding name="management-http" interface="management" port="${jboss.management.http.port:9990}"/>
        <socket-binding name="management-https" interface="management" port="${jboss.management.https.port:9993}"/>
        <socket-binding name="ajp" port="${jboss.ajp.port:8009}"/>
        <socket-binding name="http" port="${jboss.http.port:8080}"/>
        <socket-binding name="https" port="${jboss.https.port:8443}"/>
        <socket-binding name="txn-recovery-environment" port="4712"/>
        <socket-binding name="txn-status-manager" port="4713"/>
        <outbound-socket-binding name="mail-smtp">
            <remote-destination host="localhost" port="25"/>
        </outbound-socket-binding>
    </socket-binding-group>
</server>

後は以下のコマンドで起動すれば、WildFly の起動ポートが 9090 になる。

C:\opt\jboss\wildfly-8.0.0.Final\bin>standalone.bat -Djboss.http.port=9090

*1:といっても、こちらは standalone モードだけなので、domain モードを利用している場合は修正対象ファイルが異なる