読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割と普通なブログ

Microsoft Azure や ASP.NET、Java EE 系の話題を記載します

Azure AD ドメインサービスを利用して Windows も Linux もドメイン参加させてみる - その2 ~Windows と Linux マシンをドメインに参加させる~

はじめに

前回で Azure AD ドメインサービスを利用して Windows も Linux もドメイン参加させてみる - その1 ~まずはドメインサービスの有効化~ にてドメインサービスの有効化を記載したが、今回は実際に Windows Server と Linux サーバをドメインに参加させる手順を記載する。また、今回は前回手順で作成済みの以下のリソースを利用する点に留意してほしい。

今回は以下を作成するための概要を記載する。

  1. Azure Resource Manager モードの仮想ネットワークに DNS サーバを設定
  2. Azure Resource Manager モードの仮想ネットワークを作成し、VNET Peering で接続
  3. Windows Server のドメイン参加を設定
  4. Linux サーバのドメイン参加を設定

DNS サーバの設定と VNET Peering 接続の設定

まず、Azure Resource Manager 上の仮想ネットワークを作成した後、仮想ネットワークに対して以下の様に DNS サーバを設定する。この IP アドレスはクラシックポータル側から取得する。
f:id:waritohutsu:20161219015942p:plain

次に、以下の様に仮想ネットワーク - ピアリングを選択し、Azure Resource Manager の仮想ネットワークと Azure Service Manager モードの仮想ネットワークを接続する。
f:id:waritohutsu:20161219020543p:plain

Windows Server を作成してドメイン参加を設定

Windows Server 2012 R2 の仮想マシンインスタンスCentOS 7.2 の仮想マシンインスタンスを Azure Resource Manager 上の仮想ネットワークに作成する(こちらの手順自体は省略する)。これらを設定した時点で、以下の様な構成になっているはずだ。

├MYSERVICE-ARM-VNET:10.1.0.0/16
│ └─default:10.1.0.0/24
│    │
│    ├─ForAD-WinVM
│    │
│    └─ForAD-LinuxVM
│
<VNET Peering>
│
│
└MYSERVICE-ASM-VNET:10.100.0.0/16
  └─AD-Subnet:10.100.0.0/24

Windows Server 2012 R2 のドメイン参加

エクスプローラを開き、Computer を右クリックして Properties を選択する。その後、以下の様に作成したドメインサービスのドメイン名(例:xxxxx.onmicrosoft.com)を設定する。
f:id:waritohutsu:20161219021025p:plain

Windows Server をドメイン参加する際の注意点として、Azure Active Directory に登録したユーザ名が

  • exampleusername@exampledomain.onmicrosoft.com

の場合、ドメイン参加時は以下になる点だ。

  • exampleusername@exampledomain

上記のユーザ認証が完了すれば、無事にドメイン参加が完了するはずだ。

CentOS 7.2 のドメイン参加

Linux サーバは Samba v4 以降を利用してドメインへの参加が可能となっている(が、この辺りは設定を踏まえて詳しい方が居たら指摘をお願いしたい)。まずは必要なパッケージのインストールを実施する。

# yum update
# yum -y install samba-winbind krb5-workstation samba-client oddjob-mkhomedir samba winbind

次に名前解決の参照順を変更する /etc/nsswitch.conf ファイルを以下の様に編集する。

# /etc/nsswitch.conf
#
# 中略
#
passwd:    files winbind
shadow:    files winbind
group:     files winbind

次にケルベロス認証の設定ファイルである /etc/krb5.conf を以下の様に変更する。

# Configuration snippets may be placed in this directory as well
includedir /etc/krb5.conf.d/

[logging]
 default = FILE:/var/log/krb5libs.log
 kdc = FILE:/var/log/krb5kdc.log
 admin_server = FILE:/var/log/kadmind.log

[libdefaults]
 dns_lookup_realm = false
 ticket_lifetime = 24h
 renew_lifetime = 7d
 forwardable = true
 rdns = false
# default_realm = EXAMPLE.COM
 default_ccache_name = KEYRING:persistent:%{uid}

[realms]
 exampledomain.onmicrosoft.com = {
  kdc = exampledomain.onmicrosoft.com
  admin_server = exampledomain.onmicrosoft.com
 }

[domain_realm]
 .exampledomain.onmicrosoft.com = exampledomain.onmicrosoft.com
 exampledomain.onmicrosoft.com = exampledomain.onmicrosoft.com

その後、Samba の設定ファイルである /etc/samba/smb.conf を以下の様に編集する。

# See smb.conf.example for a more detailed config file or
# read the smb.conf manpage.
# Run 'testparm' to verify the config is correct after
# you modified it.

[global]
        workgroup = exampledomain
        password server = *
        realm = exampledomain.onmicrosoft.com
        security = ads
        winbind offline logon = false
        winbind use default domain = true 
        idmap config * : range = 16777216-33554431
        template shell = /bin/bash
        log file = /var/log/samba/log.%m
        max log size = 50

[homes]
        comment = Home Directories
        valid users = %S, %D%w%S
        browseable = No
        read only = No

本設定後に systemctl start smb でデーモンを起動する。その後、ケルベロス認証を以下の様に実行する。

# kinit exampleusername@EXAMPLEDOMAIN.ONMICROSOFT.COM
Password for exampleusername@EXAMPLEDOMAIN.ONMICROSOFT.COM: 

# klist 
Ticket cache: KEYRING:persistent:0:0
Default principal: exampleusername@EXAMPLEDOMAIN.ONMICROSOFT.COM

Valid starting       Expires              Service principal
12/14/2016 03:58:37  12/14/2016 13:58:37  krbtgt/EXAMPLEDOMAIN.ONMICROSOFT.COM@EXAMPLEDOMAIN.ONMICROSOFT.COM
        renew until 12/21/2016 03:58:34

この際、小文字でドメイン名を指定すると以下の様にエラーとなるので注意して欲しい。

# kinit exampleusername@exampledomain.onmicrosoft.com
Password for exampleusername@exampledomain.onmicrosoft.com: 
kinit: KDC reply did not match expectations while getting initial credentials

最後に smb と winbind が OS 起動時に自動起動する様に設定を加える。

# chkconfig smb on
Note: Forwarding request to 'systemctl enable smb.service'.
Created symlink from /etc/systemd/system/multi-user.target.wants/smb.service to /usr/lib/systemd/system/smb.service.
# chkconfig winbind on    

Linux/Windows Server がドメインに参加しているか確認

Active Directory Administrative Center と呼ばれるツールを利用して確認が可能だ。「参考情報」のリンクを参考に Windows Server 2012 R2 に設定を実施し、同ツールを起動することでドメインに参加しているサーバを以下の様に確認できる。
f:id:waritohutsu:20161219021824p:plain