読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割と普通なブログ

Microsoft Azure や ASP.NET、Java EE 系の話題を記載します

Application Insights for Java の JavaEE 対応

Microsoft Azure 上でアプリに対して運用監視を行うサービスとして定評のある Application Insights が Java SDK に対応 したことはご存じの方も多いと思う。今回は新たに JavaEE 向けに追加機能が提供されたので紹介する。
また、今回利用したサンプルは https://github.com/normalian/JavaEEAppInsigtsApp に配置しているので参照してほしい。

利用方法

インターセプタとして提供されるため 0.9.6 以上のバージョンの applicationinsights-web.jar を参照する(以下は pom.xml の記載例)。

<dependency>
	<groupId>com.microsoft.azure</groupId>
	<artifactId>applicationinsights-web</artifactId>
	<version>0.9.6</version>
</dependency>

上記の jar に含まれるクラスのうち、以下を利用する。

まずは beans.xml に以下の様な記載をし、インターセプタを有効化する。

<?xml version="1.0" encoding="UTF-8"?>
<beans xmlns="http://java.sun.com/xml/ns/javaee" xmlns:xsi="http://www.w3.org/2001/XMLSchema-instance"
	xsi:schemaLocation="http://java.sun.com/xml/ns/javaee http://java.sun.com/xml/ns/javaee/beans_1_0.xsd">
	<interceptors>
		<class>com.microsoft.applicationinsights.web.javaee.RequestNameInterceptor</class>
	</interceptors>
</beans>

次に RequestName アノテーションを以下の様に監視対象のクラスに付与する。

package com.domain.mavenjavaeeapp1.action;

import com.domain.mavenjavaeeapp1.dto.IndexViewDto;
import com.microsoft.applicationinsights.web.javaee.RequestName;

import javax.enterprise.context.RequestScoped;
import javax.inject.Inject;
import javax.inject.Named;

@RequestScoped
@Named
public class IndexAction {

	@Inject
	IndexViewDto indexViewDto;

	@RequestName
	public String do1(String arg) {
		System.out.println("IndexAction#do1(" + arg + ") = "
				+ indexViewDto.getName());
		return "/index.xhtml";
	}

	public String do2() {
		return "0";
	}
}

参考となるが、利用する画面は以下になる。

<?xml version='1.0' encoding='UTF-8' ?>
<!DOCTYPE html PUBLIC "-//W3C//DTD XHTML 1.0 Transitional//EN" "http://www.w3.org/TR/xhtml1/DTD/xhtml1-transitional.dtd">
<html xmlns="http://www.w3.org/1999/xhtml"
	xmlns:h="http://java.sun.com/jsf/html">
<h:head>
	<script type="text/javascript">
	//<![CDATA[
    var appInsights=window.appInsights||function(config){
        function s(config){t[config]=function(){var i=arguments;t.queue.push(function(){t[config].apply(t,i)})}}var t={config:config},r=document,f=window,e="script",o=r.createElement(e),i,u;for(o.src=config.url||"//az416426.vo.msecnd.net/scripts/a/ai.0.js",r.getElementsByTagName(e)[0].parentNode.appendChild(o),t.cookie=r.cookie,t.queue=[],i=["Event","Exception","Metric","PageView","Trace"];i.length;)s("track"+i.pop());return config.disableExceptionTracking||(i="onerror",s("_"+i),u=f[i],f[i]=function(config,r,f,e,o){var s=u&&u(config,r,f,e,o);return s!==!0&&t["_"+i](config,r,f,e,o),s}),t
    }({
        instrumentationKey:"your key"
    });
    
    window.appInsights=appInsights;
    appInsights.trackPageView();
  //]]>
</script>
	<title>Facelet Title</title>
</h:head>
<h:body>
	<span>hello Facelets</span>
	<h:form>
		<div>
			名前を入力して下さい
			<h:inputText value="#{indexViewDto.name}" />
		</div>
		<h:commandButton value="button"
			action="#{indexAction.do1('some argument')}" />
	</h:form>
</h:body>
</html>

結果

上記のアプリケーションに対してブラウザアクセスを行い、"button" のボタンを押下することで以下の様にアクセスされたアクション/HTTPメソッドが確認できる。
f:id:waritohutsu:20150629232426p:plain