読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割と普通なブログ

Microsoft Azure や ASP.NET、Java EE 系の話題を記載します

ARM 版の Application Gateway を PowerShell で作成する

今回はコマンドラインにて Application Gateway を作成する。Application Gateway をご存じでない方のために簡単に捕捉すると「機能が豊富なロードバランサ( Azure ロードバランサ比)」だ。よく使いたいといわれる Application Gateway の機能は以下だ。

  • cookie ベースでの振り分け
  • パスベースでのアクセス振り分け( デフォルトは サーバ A、/admin/* はサーバ B 等)
  • SSL オフロード

一方でApplication Gateway は有料であり、中規模以上で2インスタンス以上でないと SLA が保証されない点に注意してほしい。以下は Application Gateway の価格 の抜粋だ。

Microsoft は、複数の中規模またはより大規模なインスタンスを持つ各 Application Gateway Service に対し、
99.95% 以上の可用性を保証します。インスタンスが 1 つのみ、あるいは小規模なインスタンスしか含まれない
 Application Gateway Services に関しては SLA は提供していません。SLA の詳細については、SLA のページを
ご覧ください。

パスベースのルールを持つ Application Gateway を作成する PowerShell スクリプト

Application Gateway は管理ポータルからでも作成できるが、ルール名等々を柔軟に設定するには PowerShell が有効なので、以下を備忘録として張り付けておく。以下が前提なことに注意してほしい。

  • リソースグループ my-demo-rg が作成済み
  • 仮想ネットワーク my-demo-vnet が作成済みであり、waf-subnet が作成済み
  • Application Gateway が配置されるサブネットと通信できる場所に 10.0.1.10 アドレスの WEB サーバが配置済み
  • Application Gateway が配置されるサブネットと通信できる場所に 10.0.1.20 アドレスの WEB サーバが配置済み
# まずはログイン
Get-AzureRmSubscription

# 利用サブスクリプションを選択
Select-AzureRmSubscription -SubscriptionId "your subscription id"

# 配置先のリソースグループ、仮想ネットワーク、サブネット、リージョンを指定
$rgName = "my-demo-rg"
$vnetName = "my-demo-vnet"
$subnetName = "waf-subnet"
$location = "japanwest"
$publicIPName = "APPGW-Public-IP"
$wafName = "my-gateway"

$vnet = Get-AzureRmVirtualNetwork -Name $vnetName -ResourceGroupName $rgName
$subnet = $vnet.Subnets[0]
$publicip = New-AzureRmPublicIpAddress -ResourceGroupName $rgName -name $publicIPName -location $location -AllocationMethod Dynamic
$gipconfig = New-AzureRmApplicationGatewayIPConfiguration -Name $wafName -Subnet $subnet

# 振り分け先のサーバを指定、複数指定する場合は , でつなげる
$defaultPool = New-AzureRmApplicationGatewayBackendAddressPool -Name defaultPool -BackendIPAddresses 10.0.1.10 #1d34.170.185.46, 134.170.188.221,134.170.185.50
$adminPool = New-AzureRmApplicationGatewayBackendAddressPool -Name adminPool -BackendIPAddresses 10.0.1.20 #1d34.170.185.46, 134.170.188.221,134.170.185.50

# 80 番ポートを指定し、cookie ベースの振り分けを有効化
$poolSetting = New-AzureRmApplicationGatewayBackendHttpSettings -Name appGatewayBackendHttpSettings -Port 80 -Protocol Http -CookieBasedAffinity Enabled
$fp = New-AzureRmApplicationGatewayFrontendPort -Name frontendport01  -Port 80
$fipconfig = New-AzureRmApplicationGatewayFrontendIPConfig -Name appGatewayFrontendIP -PublicIPAddress $publicip

# デフォルトは 10.0.1.10、/admin/* は 10.0.1.20 の振り分け指定
$listener = New-AzureRmApplicationGatewayHttpListener -Name appGatewayHttpListener -Protocol Http -FrontendIPConfiguration $fipconfig -FrontendPort $fp
$adminPathRule = New-AzureRmApplicationGatewayPathRuleConfig -Name "adminPathrule" -Paths "/admin/*" -BackendAddressPool $adminPool -BackendHttpSettings $poolSetting
$urlPathMap = New-AzureRmApplicationGatewayUrlPathMapConfig -Name "urlpathmap" -PathRules $adminPathRule -DefaultBackendAddressPool $defaultPool -DefaultBackendHttpSettings $poolSetting
$adminRule = New-AzureRmApplicationGatewayRequestRoutingRule -Name "adminRule" -RuleType PathBasedRouting -HttpListener $listener -UrlPathMap $urlPathMap

# SLA が担保される SKU を指定
$sku = New-AzureRmApplicationGatewaySku -Name "Standard_Medium" -Tier Standard -Capacity 2
$appgw = New-AzureRmApplicationGateway -Name appgwtest -ResourceGroupName $rgName -Location $location -BackendAddressPools $defaultPool, $adminPool -BackendHttpSettingsCollection $poolSetting -FrontendIpConfigurations $fipconfig -GatewayIpConfigurations $gipconfig -FrontendPorts $fp -HttpListeners $listener -UrlPathMaps $urlPathMap -RequestRoutingRules $adminRule -Sku $sku -Debug

上記を実行すれば ARM 版の Application Gateway が作成されるはずだ。

参考