normalian blog

I will introduce about Microsoft Azure, ASP.NET or Java EE

Windows Azure Service Management コマンドレットのインストール時に「Operating System Not Supported.」メッセージが表示されてインストールが失敗する

皆様もコマンドレットを利用して、Windows Azure Platformの各動作を自動化しているだろうか。まだ使っていない方は、以下のサイトからダウンロードして実際に触ってみることをお勧めする。Affinity Groupの設定、ホスティッドサービスの設定、証明書の設定等々、様々な操作をコマンドラインで実行できるため、運用の自動化には欠かせないツールだと言えるだろう。

非常に便利なツールなのだが、「64bit版OSにインストールする場合、スクリプトを修正しないとインストールが失敗する」という問題がある。今回はこちらの回避方法について紹介する。

64bit版OSの場合に発生する問題

コマンドレットをインストールする場合、「MSDN Archive > Windows Azure Service Management CmdLets」からWASMCmdlets.Setup.exeを取得して実行すると、デフォルト設定の場合は「C:\WASMCmdlets\」フォルダが作成される。セットアップを完了させるには「C:\WASMCmdlets\startHere.cmd」を実行する必要があるが、64bit版OSの場合は「Operating System Not Supported.」というエラーメッセージが表示される。

対応方法の概要

実は対応方法は存在し、付録 C: 64 ビット環境での Windows Azure Service Management コマンドレットの使用 を参照すれば、本問題には対応可能だ。しかし、当該ページには以下の問題がある。

  1. スクリプトが3個提示されているが、ファイル名と配置場所が不明
  2. スクリプトの中身が間違っている
  3. スクリプトの実行方法が記述されていない

次に、これらの問題についての対応方法を紹介する。

対応方法の手順

対応手順を紹介する

スクリプトファイルの作成

まず、付録 C: 64 ビット環境での Windows Azure Service Management コマンドレットの使用 からスクリプトをコピーし、以下の画像例に従ってスクリプトファイルを作成する必要がある。

「C:\WASMCmdlets\setup\scripts\tasks」フォルダの直下に、以下3つのファイルを新規に作成する。

  • build-x86.cmd
  • installPSSnapIn-x86.cmd
  • uninstallPSSnapIn-x86.bat
スクリプトファイルの修正

次に、スクリプトファイルを修正する。それぞれの修正ポイントを画像で紹介する。

  • build-x86.cmd

  • installPSSnapIn-x86.cmd

  • uninstallPSSnapIn-x86.bat


スクリプトファイルの実行

スクリプトファイルは管理者権限で実行する必要がある*1。コマンドラインを管理者モードで実行し、以下のコマンドを実行する。

cd C:\WASMCmdlets\setup\scripts\tasks

@REM インストール時
build-x86.cmd
installPSSnapIn-x86.cmd

@REM アンインストール時
uninstallPSSnapIn-x86.bat

以上でインストールは完了するはずだ。

参考サイト

*1:管理者権限で実行しない場合は、アセンブリが読み込めずに失敗する