読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

割と普通なブログ

Microsoft Azure や ASP.NET、Java EE 系の話題を記載します

ハマらない&安心な Windows Azure SDK 1.3 のセットアップ方法

C# Windows Azure visual studio

今回は、Azure SDK 1.3のインストール方法について紹介する。Azure SDK 1.2のインストール方法は id:waritohutsu:20090802:1249214533 の記事で記述したが、最新版である Azure SDK 1.3のインストール方法は若干異なっている。
また、Microsoft本家のAzure SDKセットアップ方法を見ても必要だと思われる設定が不足している箇所があるため、自分の備忘録を含めて記述する。

環境構築

Windows Azure SDK 1.3をインストールするためには、以下の環境を構築する必要がある。

「Windowsの機能の有効化または無効化」の設定

上記環境の構築後、以下5項目の設定を有効にする。MSDN側では、CGIの設定は分けて記述しているが、分けて設定することはないと考え、一緒に設定する。

  • Internet Information Services
    • Web管理ツール
      • IIS管理コンソール
    • World Wide Webサービス
      • HTTP共通機能
        • HTTPリダイレクト
        • 静的コンテンツ
      • アプリケーション開発機能

また、以下の図(Windows 7)で設定を有効にしない場合の注意点を記述した。後日はまった場合の指針になれば幸いだ。

Windows Azure SDK 1.3の取得

上記の設定を全て完了後、 Microsoft本家 Azure SDK 1.3の日本語版からインストーラを取得してセットアップを行えば、無事インストールが完了する。